初めてのマタニティライフ

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。女性のみならず妊活中の男性にも効果があります。それは、亜鉛の摂取によって質の高い精子をつくることを手助けしてくれるという訳です。妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみてください。皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも見かけますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。選ぶ基準としては、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を防ぎ、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。そのうえ、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。ですので、妊活中の夫婦それぞれに大切なサプリであると言えますね。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多い肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いそうなんです。妊娠を希望する方や計画している方が、気を付けてほしい事は、食事ですね。